「オメガ」の人気と魅力を徹底解剖

オメガ祭り

オメガ祭り


高級時計ブランド「オメガ」とは


オメガの時計

オメガとは、世界的に有名なスイスの高級腕時計メーカーです。現在はスウォッチ・グループに属しています。
1848年、時計職人であったルイ・ブラウンがスイスのラ・ショー=ド=フォンというところに時計工房を構え、オメガが誕生しました。オメガの当時の仕事は、当時流行していた懐中時計の組み立てでした。それからだんだんとお店は拡大していき、ヨーロッパ全土へと広がりました。そして19世紀の後半には、スイス最大の時計メーカーにまで成長しました。

ところで、オメガとはどういう意味なのでしょうか。そして、どうしてオメガという社名にしたのでしょうか。実は設立当初の社名はオメガではありませんでした。設立当時の社名は”Louis Brandt & Fils"といいました。19世紀末にスイス最大の時計メーカーとなったオメガですが、1894年に新しいモデル「オメガキャリバー」を発表しました。このモデルは”これ以上の到達は不可能、最高、完成”という意味であるギリシャ語におけるアルファベットの最後の文字、「Ω(オメガ)」が時計に刻まれていました。この新モデルが大ヒットしたことで、1903年に社名をオメガに変更したのです。その後もオメガはさまざまな技術革新をくり返し、次々と新しい時計を世の中に届け続けています。

オメガの時計

そしてオメガの名を世界中に広めたもっとも有名な出来事があります。1932年、ロサンゼルスで開催されたオリンピックで、オフィシャルタイムキーパーを務めることになったのです。スタートラインからスコアボードまで、すべての競技において、責任を全うしなければならない重要な役割を担いました。そしてそれからも、26回ものオリンピックでオフィシャルタイムキーパーを務めてきました。のちにF1レースやダイビングなど、あらゆるスポーツにおいて重要な役割を果たすようになりました。

そんなオメガの人気シリーズが「スピードマスター」です。このシリーズはNASAでの過酷なテストを見事に突破し、なんとあのアポロ11号と共に世界で初めて月面歩行の歴史的な瞬間を刻んだことで有名です。1970年に、アポロ13号の酸素タンクでトラブルが発生し、航法に使うコンピューターが使用不可となりました。しかし、「スピードマスター」は、マニュアルでエンジンを14秒噴射することで地球への帰還コースを修正するという出来事がありました。失敗が許されない細かい計測を見事にこなし、乗組員の命を救った時計として当時話題となりました。

オメガの高額買取しています:https://www.kaitori-ginza.com/omega/:オメガの買取ならRASIN

オメガは、現在も高い技術力と洗練されたデザインでたくさんの人の心をつかみ続けています。


関連動画


最新記事

Powered by RSSリスティング